山に生えている木は、二酸化炭素を吸収し、その代わりに酸素を吐き出しています。
いわば呼吸しているのと同じです。
ですが、木材として加工されても、木は呼吸し続けます。

湿気が多い時には木が水分を吸い込み、空気が乾燥している時には吸い込んだ水分を吐き出す。木は生き続けています。

また木はその細胞の中に空気を含んでおり、その空気が断熱効果を生み出しています。
その断熱性能は実にコンクリートの 10倍以上。
木は見た目にも暖かい印象を受けますが、それだけではなく、実際の断熱性能も兼ね揃えた素材です。

そんな「無垢材」を使った家造りをいつも考えています。





ここ近年「シックハウス症候群」という言葉を良く耳にします。
ハウスダストやダニ・カビという原因もありますが、化学物質を使うことで発生する問題でもあります。

ですが、この問題は近年になって新しい家造りの中で発生したものであり、日本古来の住宅では発生していなかったものです。
「化学物質の使用」も原因ではありますが、結露が起こるほどの気密性にも原因があります。



木はそんな問題も解決します。
木は高い断熱性能のほか、前述した通り湿気を吸放出する作用に優れています。
「結露」と「温度」は、カビやダニの一番の温床。しかし、木で囲まれた部屋は、その調室作用により結露を防ぐことができ、しかも快適なスペースを提供してくれます。

当社がこだわる夢ハウス工法では、その調室効果がある木の中でも、一番優れている「桐」材を要所に使用しており、結露をとことんシャットアウトしています。





日本古来建物、歴史的建造物が木で造られている理由。
鉄やコンクリートなどの技術が無かったという単純な話ではありますが、「木が強い」ということを無意識的に分かっていたのかも知れません。

実際、鉄やコンクリートは木よりも遥かに硬さがありますが、鉄やコンクリートには木が持つ「柔かさ(軟らかさ)」「しなやかさ」がありません。この「柔かさ」が時には重要であり、事実、急激な力には鉄やコンクリートは耐え切れず、簡単に切断されてしまうこともあります。
その点、木の場合には、その柔かさ故、力を分散し、割れはするものの切断に至ることは少なかったりします。

実は火に対しても、木は強いのです。
火事のとき、炎の温度は 700℃〜1000℃にもなります。このような温度の中、鉄は 5分もすれば、その強度は 50%にまで低下します。そこに重量が掛かっていれば…想像がつきますね。
それに対して、木は火事に弱いと思われますが、初期で燃えるのは表面だけで、芯まで燃えるのには時間が掛かります。強度が 50%に低下するのは20分くらい時間がかかると言われていますから、それだけ木は強いのです。





当社の考える「家造り」書いてきましたが、「日本古来の建物」「歴史的建造物」が木で造られている理由。ここに「木の素晴らしさ」があると考えています。
木は大切にすれば百年以上、数百年もつもの。そんな家造りを考え、施主様にも数十年、百年と満足いただける家を建てることを、いつも想っています。

また、材料だけでなく、家造りの技術も日々進歩していますが、歴史的な建造物が数百年ともつ理由に、職人の技の素晴らしさがあると考えています。
新しい「技」の中にも、先人の技を活かす。
「新」「旧」の調和と融和を大切に家造りを行っています。


ブログ


現場の一コマ、実況中継中!

スタッフ紹介LinkIcon

現場見学会ご案内

現在施工中の物件の見学会、今後予定されている完成見学会のご案内です。
お気軽にご相談、お立寄りください。

お問い合わせ先LinkIcon

郷秋の木舎

施工事例でも紹介している「郷秋の木舎」を見学頂くことが可能です。(※事前のご予約が必要)
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ先LinkIcon